デリケートゾーンのあの臭いはワキガと同じ!?

デリケートゾーンからモワッと漂ってくる嫌な臭い。女性ならだれでもこれに悩まされたことがあるはずです。
実はこの臭いが出る仕組みはワキガと同じで、デリケートゾーンからのワキガは「すそわきが」と呼ばれています。
人間のワキやデリケートゾーンにはアポクリン腺という汗腺があって、そこから流れた汗には尿素、アンモニアなどの老廃物が詰まっています。
こういった老廃物が皮膚上の常在菌と混ざり合うことでワキガやすそわきがと呼ばれる臭いを起こしてしまうのです。

「だったら制汗スプレーで汗を止めればいい」と思われるかもしれませんが、それはお勧めできません。
スプレーの粒が肌に残って色素沈着を起こす恐れがあるからです。
学生時代に運動部に入って、毎日制汗スプレーでワキを消臭していたらひどい黒ずみが残った、という方は大勢います。
これと同じようにデリケートゾーンが真っ黒になったら誰だって嫌なはずです。
それに、汗が出せないと体に老廃物が溜まってしまうので、体調を崩したり体臭の悪化にも繋がってしまいます。
つまり、ワキガやデリケートゾーンのすそわきがの対策は皮膚上にある雑菌を駆除することが大事なのです。

そしてそこでおすすめなのがデリケートゾーン用のソープです。
普通の石鹸より刺激が弱いため肌を傷つけずに洗うことが出来る上に、殺菌抗菌効果に優れたものが沢山あります。
殺菌で今ある雑菌を消し、抗菌で次から湧いてくる菌をシャットアウトすれば、臭いの原因をきれいに断つことができます。
朝起きてシャワーを浴びるときにデリケートゾーン用のソープで体を洗えば、その日1日清潔かつ無臭でいられますよ。

デリケートゾーンの臭いケアについて詳しくはコチラ

↑ ページの上部へ